山形調理師専門学校に関心をお持ちの社会人の方から、ご質問をいただくことがあります。参考までに、Q&Aの形でまとめてみました。

Q:高校卒業してすぐではなく、社会人を経験してから入学する人はどれくらいいますか?
A:社会人の方が、資格取得を目標に入学するケースは、毎年あります。調理師科(1年課程)がほとんどです。
 卒業と同時に調理師資格を得て、それぞれ就職や自営などをされています。
※資料
 次のグラフのように、一番多いのは高校を卒業して本校に入学するケースですが、他の大学や短大、専門学校を卒業または中退して、調理師を目指して本校に入学する方や、いったん社会人を経験し、資格取得や家業を継ぐ、あるいは自営を目指して入学される方も少なくありません。
H24-28入学者世代別
次のグラフは、平成24年度~平成28年度の入学者のうち、高校新卒を除いた世代別内訳です。このように、10代から30代の方が多く、60代の方も入学し、学ばれています。学科は、調理師科(1年課程)が中心です。
H24-28社会人入学者数
Q:社会人をしながら学校に通うことはできますか。
A:本校は調理師養成施設として国家試験免除の対象になっていますので、朝9時から夕方は16時までの授業と実習が組まれています。日中にお仕事をしながら同時に学生生活をおくることは困難かと思います。

Q:社会人入学を希望する人向けの制度はありますか。
A:社会人経験のある方には、「キャリア入学」の制度があります。詳しくは、本校へお問合せください。
 また、雇用保険を2年以上かけていた方は、調理師科(1年課程)が厚生労働大臣指定の専門実践教育訓練給付制度の対象となっていますので、給付を受けながら通学することが可能となります。この制度について、詳しくはハローワークにお尋ねください。

なお、資料請求につきましては、お名前、住所、電話番号 をお知らせください。資料一式をお送りいたします。
本校ホームページの「お問い合わせ」ページから、メールでの問い合わせもできます。