「つや姫」に続く山形県のお米の新品種の名前が発表になる日、新米を炊いて試食する様子を、山形放送から取材を受けました。テレビカメラで緊張しながら、じっくり吸水させたお米を土鍋で炊きます。担当は、日本料理の伊藤伸也先生です。
rice-01rice-02
炊きあがったご飯を、おにぎりにします。
rice-03rice-05
取材に協力してくれた調理高度技術科の1年生の諸君も興味津々で、さあ、試食です。
rice-06rice-07
感想は、「寿司にも合いそうな、粒がしっかりしたお米でした」「おいしかった~!」などで、これからが楽しみです。名前が「雪若丸」に決まったとのことで、試食と感想の様子が夕方のニュースで放送されました。