調理高度技術科2年の応用調理実習(中国料理)で、「涼拌茄子」と「什錦鍋巴」を作りました。
涼拌茄子(リャンバンチェズ)は、ショウガ風味のナスの冷菜で、什錦鍋巴(シィジングォバァ)は五目あん入りのおこげ料理です。指導は鈴木栄先生(山形国際ホテル総料理長)で、楽しくわかりやすい説明を聞きながら、先生の作り方をよく観察しました。
china-0510-02china-0510-01
できあがった二皿のうち、手前が什錦鍋巴で、奥のほうが涼拌茄子です。
china-0510-05
まずは味見を。うん、うまい~!
china-0510-03china-0510-04
盛り付けも大事な要素です。
china-0510-06
さあ、自分たちも作るぞ! 実習の意欲が盛り上がります!