7月に見学来校され、実習を見学・体験した中学生の皆さんから、お礼と感想のお手紙をいただきましたので、実習中の写真とともに順次ご紹介します。まずは、7月5日(水):山形第八中学校の皆さん。この日は、調理高度技術科の2年生の中国料理実習に参加しました。指導は、鈴木栄先生(山形国際ホテル総料理長)で、テーマは、(1)回鍋肉片(豚肉とキャベツの味噌炒め)、(2)什錦水果羹(白玉子のフルーツポンチ)です。
junior-high-01junior-high-02
junior-high-03junior-high-05
時間が十分にとってありましたので、中学生の皆さんも一緒に実習に参加しました。
junior-high-04junior-high-06
junior-high-08junior-high-07
junior-high-09
実習のグループにまじって、出来上がった料理を食べました。美味しかった~!

続いて、7月6日(木)の長井北中学校の皆さんです。献立は、スパゲッティ・カルボナーラとカルパッチョです。調理高度技術科の1年生に長井北中の先輩が2人在籍していましたので、指導の菅野長策先生の指示で前に出てお手本を見せることになり、ちょっとだけ緊張。
junior-high-10junior-high-11
でも、上手にできました。ホッ……!
junior-high-13junior-high-12
時間の関係で、長井北中の皆さんは見学と試食だけになりましたので、デザートに美味しいブラマンジェを御馳走しました。皆さん、満足できたかな?
junior-high-15
バスに乗って学校に帰ります。気を付けて帰ってね~!

      ○

帰校したのち、お礼と感想のお手紙をいただきました。そのうち、一部をご紹介します。

2017年7月5日
山形市立第八中学校

 私は、今回の上級学校訪問で、とてもたくさんのことを学びました。何種類もある包丁でお刺身や中華料理に使われる包丁をていねいに説明してくださったり、お客様にあったものを出すことや、衛生面にしっかり気を付けていることを学びました。調理実習体験では、不慣れな私たちを学生の方がやさしく教えてくださって、とてもうれしかったです。火力の強さや包丁の切れやすさを近くで見ることができて、とても良い体験になりました。できあがった料理を食べたとき、家で作るよりもずっとおいしくて驚きました。私たちが食べ終わったのを学生の方が片付けてくれて、仕事の速さがよくわかりました。作っている間に洗い物を済ませているのを見て、作る人のすごさをとても感じました。今回は、私たちにこのような体験をさせていただき、ありがとうございました。(宮部さん)


2017/07/06
長井市立長井北中学校

 蝉の鳴き声で夏を感じるころ、山形調理師専門学校の皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
 さて、先日の上級学校訪問では、お忙しい中、私たちのために時間を割いていただき、ありがとうございました。
 私は、自分たちで献立を決め料理するコンクールがすごく楽しそうだと思いました。自分たちで決め、作り上げたからこその楽しさとか嬉しさがあるのだと思うからです。また、一流のお店の方に教えてもらうこともすごいと思いました。その中でも一番すごいと思ったのは、1年で200種、2年で450~500種もの料理をすることです。私も料理が好きなので、これからたくさん料理をしていきたいです。
貴重な時間をありがとうございました。(紺野さん)

 梅雨も終わり、気温の高い季節となりました。山形調理師専門学校の皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
 さて、先日の上級学校訪問では、お忙しいところ僕たちのために大切な時間を割いていただき、ありがとうございます。僕は、学校を訪問させていただくまで、この学校はどういう場所なのかあまりイメージがわきませんでした。ですが、訪問させていただいたとき、生徒さんたちが真剣に先生のお話を聞き、手際よく調理している姿が、ほんとうにかっこいいと思いました。
 これからの日ごろの生活を、山形調理師専門学校の皆様のように、真剣に、そして効率よく生活できるようにします。お忙しい中、貴重な時間をありがとうございました。(矢久保くん)

感想を寄せてくれた皆さん、ありがとうございました。