山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

2018年05月

調理高度技術科2年生の西洋料理実習で、「プリモ・ピアット(Primo piatto)」、イタリア料理で前菜と主菜の間に出る料理としてスパゲッティ・アラ・ボロネーゼを、またデザートとしてクレーム・ブリュレを作りました。指導は、本校教員の大井英先生です。
primo-piatto-01primo-piatto-02
先生の説明の要点を、実習ノートにメモします。
primo-piatto-03
鏡で手元が見えるので、説明の要点がよくわかります。クレーム・ブリュレも、カラメルを焦がした良い香りがして、思わずおなかが鳴ります。
primo-piatto-06primo-piatto-09
ボローニャ風スパゲッティも、手早くソースにあわせて盛り付けます。
primo-piatto-04primo-piatto-07
これで、出来上がり。さあ、こんどは自分たちで作ります。上手にできたかな?
primo-piatto-08
もちろんです! 二年生ですもの!

5月18日(金)、山形市立第六中学校で、職業体験講座の出前授業を行いました。これは、県の専修学校各種学校協会が主催する中学生の職業体験講座によるものです。指導は日本料理の伊藤伸也先生、サポートに柏倉正路先生が協力します。今日のテーマは、「卵焼きとお吸い物」です。

まず、伊藤伸也先生が全体指導で卵焼きの作り方を説明しました。卵を割るのも、プロにコツを教わりました。
6th-jh-016th-jh-02
卵の焼き方も、耳で聞くのと実際にやってみるのとでは、大違いです。
6th-jh-036th-jh-04
サポートの柏倉正路先生にも、ていねいに教えてもらいました。
6th-jh-056th-jh-07
うまく焼けたかな? お吸い物も、美味しくできました。
6th-jh-066th-jh-08
卵焼きとお吸い物。実際に自分たちで作ってみて、楽しく美味しくいただきました。
「将来は料理人」と思った人も少なくなかったのではないでしょうか!

入学して約一カ月、調理師科の中国料理実習で、中華包丁を研いで切れ味を確かめた後、「腐皮肉捲」(豚挽肉のゆば巻揚げ)を作りました。指導は、髙橋英生先生(山形グランドホテル料理長)です。
材料は、豚挽肉、長ネギ、レモン、サラダ菜、パセリ、トマト、干椎茸です。写真は、材料の一部。
chuuka-04chuuka-10
材料を千切りにして準備し、挽肉に混ぜたものをゆばで巻いてせいろで蒸した後、表面をパリッと油で揚げます。実際に揚げるときは、髙橋先生についてもらって、じかにコツを教わりました。
chuuka-02chuuka-01
盛り付けの準備は、彩りよく。
chuuka-05chuuka-09
どんなふうに切って盛り付けるかも大事な勉強です。
chuuka-06chuuka-07
わーお、美味しそう! みんなで美味しくいただきました。

このページのトップヘ