新入生が包丁の研ぎ方や野菜の切り方を習っている頃、調理高度技術科の二年生は、さっそく季節の材料を用いて、日本料理実習に取り組みました。指導していただいたのは、先ごろ県の卓越技能者表彰を受けられた佐藤貞次先生(料亭揚妻)です。
takenoko-07
献立は、(1)筍ご飯、(2)筍汁、(3)帆立のお造り、です。まずは材料の下ごしらえから。
takenoko-04takenoko-08
筍ご飯を準備します。
takenoko-09
お造りには、胡瓜の飾り切りを添えることにしました。
takenoko-05takenoko-06
さすがは二年生、順調に進みます。
takenoko-01takenoko-03
takenoko-02
うーん、美味しそうですね! 出来上がりをみんなでいただきました。季節の香りがしました。