5月23日(木)、鮭川中学校3年生3名と先生1名が、午後から学校見学に訪れました。
 午前中は、全員で東北芸術工科大学を訪ね、午後は希望進路によって班別行動とのこと。
3名の生徒さんは、いずれも「食」や「調理」に興味があり、高校卒業後の選択の一つに調理師専門学校を視野に入れているそうです。15歳の時点で、高校の先まで見通しているなんて、説明担当者の時代からは「隔世の感」がありありです。
鮭川1194鮭川1197  
 さて、用意したパソコンが立ち上がらないアクシデントに見舞われ、予定になかった「進路を決めるとは?」という話も熱心に聞いてくれる素晴らしい生徒さんに助けられながら、学校説明と校舎案内が終わり、いよいよ実習見学です。

 鮭川1200鮭川1236
 熱心にメモを取る学生の姿に、驚いた様子です。そして、ガス窯の大きさに二度目のびっくりです。
今度は、ホワイトボードに目が留まり、「何語で書かれているのですか?」、「手元が見える仕掛けなんですね?」と、興味津々、矢継ぎ早やの質問に応えるこちらがたじたじです。
鮭川1218鮭川1233
 最後は、葛粉から「葛餅」ができるまでを一部始終見学して、「黒蜜をたっぷりかけて召し上がれ」の一声で、美味しく頂戴したところで、本日の見学会終了の時間が来ました。
鮭川1255鮭川1260  この見学会が、進路学習の一助になったのであれば、幸いです。
 ご来校、ありがとうございました。