日本料理(調理高度技術科2年)の実技試験の模様です。
 課題は、烏賊のお造りで、制限時間も設けられています。
 日本料理1473日本料理1479
 実習台には向い合せで位置しますが、互いに相談することなく、作業手順は得意とするところから?、あるいは苦手なものから?、どういう選択をしているのでしょうか、観察しているだけではわかりません。胡瓜の飾り切りから始める学生もいますし、人参の千切りからの学生もいますが、いずれにしても次は烏賊です。
日本料理1494日本料理1504
 内臓を取り出し、薄皮を剝がしていきますが、力強さで男女差は否めないところです。
日本料理1512日本料理1524
 今回は、内蔵以外は、全て皿に盛り付けていきます。頭とげそは、湯通しの後、冷水に浸します。身は、柳包丁で切り目を入れて食べ易くし、海苔を巻いて香ばしさを、胡瓜を入れて食感を楽しめるようにしています。
日本料理1536日本料理1539
 一番にできた学生の出来栄えです。如何でしょうか。