令和になってから3回目となるオープンキャンパスを、9月14日(土)に開催しました。
 7月=中国料理、8月=日本料理、9月=西洋料理と製菓 と3回全てに参加した方もいらっしゃいます。実習は、3名か4名で班を編成して、取り組んでもらいます。コミュニケーションが上手く取れるか毎回心配しますが、開始15分もすると分担が出来上がるようです。高校生の感性には、いつもながら感心させられます。
 今回は、「ティラミス」への挑戦からはじまりました。「生クリームを7分立てにする」、男子の多くは説明を聞いても(???)。そんな時は、先生にアドバイスを受けるだけではなく、調理高度技術科2年2名もお手伝いに加わっていますので、先輩方が優しく丁寧に手ほどきをしてくれます。
OP9141590OP1632
 ティラミスを冷やしている間に、メインイベントに入ります。
 今日は、鶏もも肉にチャレンジです。普段は、家庭で料理・調理に取り組んでいるのでしょうか?。恐る恐るもも肉に切れ目を入れている方もいます。やっている方も、見ている方も心配な場面です。
OP1626OP1641
 鶏肉は切れ目を入れた後、色づきしないように両面を焼いていきます。玉葱が炒め終わったら、一度フライパンから皿にあげていた鶏肉を戻し、白ワインを加えてひと煮立ち。さらに、生クリーム・ローリエ・ブイヨンを加えて煮る。最後に、塩・胡椒で味を調えて、Fricassee de poulet(鶏もも肉のフリカッセクリーム煮)の出来上がりです。
OP1647OP1653
 そして、冷えて固まったティラミスにココアパウダーを振り、人数分に分けます。OP9141620
 最後は、ピラフを皿に盛り付け、本日の料理が完成です。ご覧のように、ピラフは奇麗に盛り付けてありますが、量は決して多くはなかったようです。ですから、男子の中にはおかわりをしている方もいます。お陰様で、「天地(あめつち)の恵みと 多くの人々の働きに感謝して 命のもとを 謹んでいただきます。」の精神で、最後の米粒一粒まできれいにすることができました。