前期・後期制を採用している本校は、9月30日(月)をもって前期が終了し、明日から後期が始まります。
 この端境期は特に休暇を設けていませんので、ちょっとした気分転換になって欲しいと願い、27日(金)にソフトバレーボール(固いボールで突き指をされても困るので、柔らかいボールを用います)で、クラスマッチ(10チームのトーナメント戦)を行いました。
 クラスマッチ1691クラスマッチ1679
 会場は山形県体育館(小体育館2面)。
 慣れないボールに1年生は四苦八苦。午前中は、腹を抱えて笑うほどの珍プレーが続出しました。だんだんと慣れていくに従い、そしてバレーボールが足も頭もOKの競技になったお蔭もあって、午後からの試合はラリーが続く場面も随分と増えたようです。(写真は、奇跡にも近いタイミングでスパイクの瞬間を捉えた2枚です)

 クラスマッチ1699
 結果は、ボール扱いに慣れた2年生(調理高度技術科2年)の3チームが、上位4チームに入りました。何故か男子だけになってしまいましたが、賞状を片手に記念撮影です。
クラスマッチ1612クラスマッチ1602
 クラスマッチに先立ち、今春入学の1年生は、県立博物館で研修も積んできました。山形に生まれながら、実は多くのことを知らないこともわかりました。
 「知らなかったことを知る」、「興味のなかったものにも触れてみる」。調理とは全く無関係の分野でも、その考え方を根底に持つことが大切と伝えたところです。
クラスマッチ1606クラスマッチ1596
 今回は、「縄文の女神」の現物を見学することができ、4500年もの時を経ても変わらぬ美しさを目の当たりにし、感激しました。最後に解説して下さった方々に感謝の意を表し、博物館をあとにしました。