10月1日(火)より、時間割が後期授業に切り替えです。
 調理師科の実習は、前期は午前3回・午後2回でしたが、「そば・すし」の実習が前期で終了したので、午前2回・午後2回になりました。
 調理高度技術科1年は、午前1回・午後4回の実習が、午前3回・午後2回と大幅に変わりました。また、2年生は、月曜日と金曜日の1時限目にあった「調理理論と食文化概論」が午後の2コマに移動したので、1時限目がある日は水曜日のみとなりました。加えて、選択実習の西洋料理が日本料理に切り替わったほか、水曜日と木曜日の実習が午後になるなど、こちらも大きく変わりました。
 このような中、今日は調理高度技術科1年の「集団調理実習」を紹介しましょう。
集団1714集団1726  課題は、「ハンバーグのトマトソース煮」です。
 4月は、たどたどしい手つきだった包丁捌きがご覧の通り、横に切る時も屈まないで使えるようになりました。
集団1732集団1745
 ハンバーグは、牛・豚の合い挽き(4人分の400g)をよく捏ねた後に、炒め冷ました玉ねぎを加え、牛乳を浸み込ませたパン粉、卵を加えてさらに捏ねます。
集団1759集団1723
 「ハンバーグは楕円形に成型するように」との指示なのに・・・・?
 最後は、しめじ・マッシュルームを炒め煮込んだトマトソースに煮込んで出来上がりです。
 半年の実習を経て、見違えるように成長している様子が、ファインダー越しに見えてきます。ブログでその様子を伝えるのは至難の業ですが、これからも彼らの成長物語にお付き合いください。