2019-1に引き続き、食材を紹介していきます。
 提供食材である「里芋・食用菊」のように季節を代表する食材として、鮭・栗・梨・南瓜なども
並びます。
RIMG2446RIMG2521梨2413RIMG2410
 また、彩も鮮やかに副菜を飾るのでしょうか、あるいは、デザートに使われるのでしょうかパプリカそしてキウイフルーツも選ばれています。人参も、飾り切りにして、華を添えるようです。
RIMG2389RIMG2395RIMG2425
 19班が作品コンクールに取り組んでいますが、費用に制限があるので、なかなか高価な食材には手が出せません。ですから、生ハムや牛肉を選んでいる班が数少ないのが現状です。葡萄も盛りを過ぎたので、どんな単価だったでしょうか。きくらげを使っている班は、たった一班でした。
RIMG2407RIMG2560RIMG2401
 赤根ほうれん草は、出てきたばかりで使えなかったようで、普通のほうれん草ですが、仕入れ値がきになるところです。一方、エリンギやぶなしめじは、工場のような建物で、温度・湿度などを管理した状態で育成するので、季節に関係なくスーパーマーケットに並んでいます。今回も使われています。
RIMG2419RIMG2539RIMG2530
 そのような中で、フライパンで炒めている肉に、ちょっと見慣れないものがありました。一目見ただけでは何の肉かわからないので、聞かざるを得ませんでした。さて、答えは?  
 何と、「合鴨」でした。どのような打ち合わせからこの食材を選んだのでしょうか。作品が完成したら聞いてみようと思います。