卒業と同時に調理師免許を取得できるとはいえ、申請から発行までの手続きには約2週間を要するとのこと。卒業式を3月11日(水)に控え、諸手続きの時間を勘案して、2月17日(月)が授業最終日です。
 午前の実習の最後を飾るのは、2-2(調理高度技術科2年)です。教科は、選択日本料理で(前期は西洋料理)、本日の課題は「松花堂弁当」です。
RIMG4780RIMG4759RIMG4772
 先生は、佐藤貞次先生です。調理高度技術科2年生の日本料理を通年で担当した上に、後期の選択授業も担当していただきました。ありがとうございました。
 先生からは、海老の下処理のポイントに加え、厚焼き玉子を一枚ずつ鍋から剥がす時のポイントを丁寧に指導していただきましたが、果たして2年間でその技術が伝承できているかが見どころの実習となりました。
RIMG4765RIMG4837RIMG4801
 食材は、ご覧のようにいたってシンプルです。これらを「厚焼き玉子・天ぷら・鶏の幽庵焼き・ウコギご飯」に調理して、弁当に仕立てていきます。
 鶏肉は、たれに10分以上漬け込んでから、串を末広がりになるように、そして串の先を揃えるように打っていきます。そして、焼き目を付けてから160℃のオーブンで10分焼いていきます。
RIMG4789RIMG4840RIMG4852
 ご飯に混ぜ込むウコギは、丁寧に下処理を施します。新芽の下にある「ヘタ」を一つずつ取り除き、茹でる前は水に浸しておきます。ご飯が炊き上がる頃合いを見計らって、茹でたウコギをご飯に混ぜ込みます。米沢ではポピュラーかもしれませんが、「初めて見ます」という学生も少なからずいます。食べた感想を聞き漏らしてしまいました。どんな感想だったのでしょうか。
RIMG4807RIMG4810RIMG4902
 厚焼き玉子と盛り付けは、次回に報告します。