今年度入学生の前期試験「中国料理」の課題は、『炒飯』。
 卵を炒めて、ご飯を加える辺りまでは、弱火で進めます。
RIMG2371RIMG2408RIMG2434
 口当たりが良いようにと、チャーシュウの大きさも米粒大に揃えていきます。

RIMG2473RIMG2467RIMG2458
 両手鍋をタオルの上から持ち、チャーシュウなどの具材を入れた辺りからは、一気に強火で仕上げに向かいます。ご飯が上手く、ほぐせない学生には、マンツーマンでの指導で、感触を掴ませていきます。
RIMG2464RIMG2461RIMG2476
 出来栄えは、様々です。次回の実習は、8月18日。前期試験前にもう一度練習をしてから臨みます。
 炒飯に各人が取り組んでいる間、もう一品「焼売」を作っていきます。
RIMG2419RIMG2425RIMG2437
 肉が手の温もりでだれていかないよう、素早く形を整えていきます。あんべらの使い方が、よく分からない場合は、お隣さんからアドバイスをもらいながらですが、数を重ねるごとに上達していくのが、見て取れます。
RIMG2446RIMG2479RIMG2482
 12~13分、蒸していくとご覧の通りです。ふっくらしたもの、ぎっしりしたもの、「俺のだ」「私のだ」などと会話をしながら、実食しました。