キャリアセミナー最終回は、山形新聞社にお願いし、表記の講座を受け持っていただきました。
 担当して下さった記者の方が自己紹介と講座の紹介後に、どれだけの購読者がいるかを質問しました。1年生38名のうち、定期的に新聞を購読している数は思った以上に少なく、スマホで読んでいる数は思ったよりも多いと感じたのが、質問に対する挙手の数です。
RIMG1694RIMG1692
  忘れもしない3.11。山形市内は長い時間停電になりました。山形新聞社の歴史の中でも、唯一他者である「新潟日報社」の印刷機で印刷したのが、東日本大震災時の新聞(右写真)だったそうです。自家発電装置のない家庭では、津波で多くの人やものが流される様子を見ることもありませんでした。新聞社は、写真は選んで掲載したのでしょうね。
 まだ10年前なのに、なんだか遠い過去の話にも感じました。、
 新聞とネット記事の違い
 朝刊を一人ひとりに配り、