山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: 行事

 予定の時刻 9:30 よりもちょっぴり早くスタートです。
 スーツ着用での出席を求めましたので、ご覧のように紺色一色です。
RIMG2616RIMG2625
 校長の入学許可に引き続き式辞と、校長は登壇したままです。来賓・保護者もいない中での式ですから、簡素化できるところはずばずばと切り落としていきます。
RIMG2636RIMG2638
 最後は、入学者を代表して、阿部さんが宣誓をして、終了です。わずか20分の入学式でした。

 続いては、コーンポタージュスープ(オリーブオイルと黒胡椒のアクセント)とパンがサーブされました。
IMG_1166IMG_1169
 黒胡椒がほんのりと香り、スープ全体を引き締めてくれるようでした。パンも一緒に食べたいところですが、ここは我慢して、ステーキ・サラダあたりと共に食べようかと、メニューを眺めながら考えを巡らせます。
IMG_1173IMG_1179
 学生も、写真を撮りながらの食事です。
 魚料理は、「真鯛のポワレ」に「有頭海老のヴァブール」が載っています。皿には、サフランリゾットが添えてあり、目にも鮮やかな一品を、これまた魚介類の「あさりのチャウダーソース」でいただきます。コクがあるというか、複雑な味になるというか、何とも表現が難しい味わいです。
 


 校長式辞は、新型コロナウイルス感染症対策に終始した一年であり、行事も概ね取り止め、夏季・冬季休業も短縮して、法定時間以上の授業を何とか確保してきたことに触れ、そのように混乱した中でも「技術考査(6年後、専門調理師を受験する際の学科試験免除)」には、受験者全員が合格したことを讃えました。
 高等学校の卒業式では、「校歌」を演奏したのではないでしょうか。
 私どももこれに倣って、校歌演奏です。
 今年は、入学式も取り止めたため、1-1調理師科と2-1調理高度技術科の学生は、初めて聞くことになりました。何度も歌っていると、「懐かしい」とか「これが歌い納め」とか何らしかの感情が湧き出るものですが、果たして・・・。
IMG_1141
 卒業式後、遊学館前で、テレビ局のインタビューを受けた学生もいたようです。すでに、3月13日に放映されたようです。ご覧になりましたか?
 学校に戻ってから、調理師免許を受け取り、一人ひとりが学びの感想を話していきます。
 最後に、記念撮影です。



 ようやく全員揃いました。
IMG_1148IMG_1153
 ちょっとしたセレモニーから始まりました。その中では、今年度から調理高度技術科2年の前期西洋料理を担当して下さっている「林浩生総料理長」にもお越しいただき、ご挨拶を頂戴しました。残念なことに、動画撮影のため掲載できませんが、これから巣立ち行く「調理師科」の学生に向けて、エールを送って下さいました。
 さて、いよいよコース料理のスタートです。
IMG_1159IMG_1161
 初めの一皿、前菜です。
 「サーモンを43℃で調理したものと海の幸サラダ ナチュラルサラダ仕立て」です。

 

このページのトップヘ