山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: 行事

5月31日、1年生は「山形市内研修」として、旧山形県庁「文翔館」を見学し、復元工事に携わった職人の心意気を感じるとともに、老舗料亭「四山楼」で昼食をとり、帰校してからは2年生とともに会社説明会に参加しました。

学校に集合し、簡単な説明を聞いた後、まずは文翔館の見学から。旧三重県庁とともに、日本でも有数の国指定重要文化財である文翔館。大正2年に建てられた山形県庁がなぜ英国調の様式になったのか、実際にその場で校長先生の説明を聞いて、な~るほど!
city-tour-02city-tour-01
city-tour-03city-tour-04
映画のロケ地にもなった雰囲気のある建物を見学し、復元工事に携わった職人さんの立場から眺めたとき、そのすごさを感じました。

city-tour-05
私たちは湯殿山神社にも参拝し、就職祈願。ここは、信教の自由もありますので、参観は自由です。
このあと、老舗料亭「四山楼」に移動して昼食となりました。
city-tour-08city-tour-09
女将さんに、伊藤博文公の命名になるという「四山楼」の由来を説明いただき、また料理をいただく際の留意点などもアドバイスしていただきました。
city-tour-07city-tour-11
city-tour-13 city-tour-14

写真は料理の一部ですが、ほんとに美味しい! 矢口政広料理長からも、献立について説明していただきました。今回の献立は、こんなふうでした。
city-tour-15
接遇や建物、調度、お庭など、良い勉強になりました。

この後、学校に戻り、専門調理、集団調理それぞれの分野の会社説明会に参加しました。
company-04company-01
company-05company-03
company-02
担当の方からじかに説明を聞き、質問をして理解を深めました。
いろいろな面で、すごく勉強になったと感じる一日でした。

三年前に卒業した卒業生のご縁で、就職先である「麺屋武蔵」の協力を得て、ラーメンに関する特別授業を実施しました。調理師科、調理高度技術科の2年生が受講しました。
2017ramen-04
「麺屋武蔵」の矢都木社長の説明を聞きながら、スープを作る本校卒業生を含むスタッフの皆さんの手際の良さに見とれます。
2017ramen-05
2017ramen-03
続いて、チャーシューなどの具材の扱いについても、詳しく説明してもらいました。
2017ramen-02
2017ramen-08
こんなふうにラーメンをゆでるのも、初めての経験だという人が多かったようです。
2017ramen-092017ramen-10
できあがったラーメンを、みんなでおいしくいただきました。
2017ramen-062017ramen-07
「美味しかった~!」と皆さん大好評です。
2017ramen-01
こんなふうに、卒業後に先生と笑顔で話をするのも、ほんとに楽しそうです。山調で良かった、と実感します。

5月1日、新入生歓迎のボウリング大会が開かれました。始球式は、2年課程の2年生、A君がつとめました。カッコいいなあ!
bowling-02
順番を待つ間は、ドリンクサービスを利用したり、コースをじっと見守ったり、思い思いに過ごします。
bowling-03bowling-01
熱戦の結果は、1年生のY君が2ゲームで300点台を出して優勝しました。
bowling-04
私たちもがんばったのよ! とにっこり記念撮影です。
bowling-05
連休が終わると、また実習が始まります。楽しみです。

桜の便りも聞かれ始める4月11日、遊学館ホールで平成29年度の入学式が行われました。
2017entranceday2017entranceday-03
今年は38名が入学し、新入生代表が誓いの言葉を述べました。このときの様子は、12日付けの山形新聞にも記事が掲載されました。
2017entranceday-02
新入生の皆さんへ、山形県割烹調理師会の会田会長さんと、山形調理師専門学校同窓会の池野会長さんからご祝辞をいただきました。調理師免許の取得を目指して頑張ろうと決意を新たにしました。
翌日からさっそく各種説明会が行われたほか、13日からは実習が始まります。ワクワク楽しみです。

旅立ちの春、3月10日、遊学館ホールを会場に平成28年度の卒業式が行われました。これまでの努力が実り、卒業と同時に調理師免許を受けて、晴れて調理師を名乗ることができます。一つの目標を実現して、これから自分の夢に向かって進みます。
2017-graduate
調理高度技術科の在校生は、来年春の卒業を目標に、がんばるぞと決意を新たにしました。

このページのトップヘ