山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: 行事

5月30日、第1回目の山形市内研修で、文翔館を見学し、老舗割烹料亭「千歳館」で昼食をいただきました。文翔館とは旧山形県庁を復元したイギリス様式の立派な建物で、現在は国指定重要文化財になっています。学校で簡単な説明を聞いた後で、文翔館前広場に集合。
bunshokan-01bunshokan-02
明治44年の山形北部大火で全焼した山形県庁を建て替えるために、県は米沢出身の中條精一郎氏に依頼します。中條精一郎氏が顧問となり、師匠筋である工部大学校のコンドル教授の内弟子として学び、曾禰中條建築事務所で働いていた田原新之助(東京出身)が設計をすることに決まります。そして、東京駅を建てた職人たちが中心となり、これに山形の職人が下働きに加わる形で建てられたそうです。
bunshokan-03bunshokan-04
しかし、昭和61年から平成7年まで、およそ10年をかけた復元工事には、山形の職人さんたちが8割がた従事し、どうしても職人が途絶えていた2割の工事を、県外の出雲や宮城の職人さんたちに依頼する形で完成させます。
bunshokan-05
正庁天井の飾り漆喰をはじめとする見事な復元工事に携わった職人たちの誇りを感じながら、復元工事をリードした千歳栄さんの「職人の詩」を味わうとともに、「山形県民の税金で復元した山形県庁を参観するのに、何の問題があるのか」と無料公開した当時の県知事さんの地方自治に対する思いなどを学んで、文翔館を後にしました。

湯殿山神社を参観した後、山形の老舗割烹料亭の一つ、千歳館に向かいます。
chitosekan-05
ほとんどの人が初めて入る格式高いたたずまいに驚きながらも、料理人を目指す私たちは、どんなお昼が食べられるのか、期待が高まります。
bunshokan-06chitosekan-04
つい、こんなポーズも出てしまいます。
bunshokan-07
女将の澤渡好子さんのごあいさつで、やはり北部大火で全焼したけれど、文翔館の一年前に完成したという千歳館の建物の由来などもお聞きし、歴史を大事にされているんだなあと痛感しました。

そして、今日の献立はこんな感じ。
chitosekan-06chitosekan-01
chitosekan-07chitosekan-08
chitosekan-09chitosekan-10
chitosekan-11chitosekan-12
ほんとに見事で、美味しくて、思わず感動!でした!
chitosekan-14chitosekan-13
お部屋の調度、しつらえや雰囲気、接客などにも本当に勉強になりました。最後に、山口徳雄料理長さんから、今日の献立や料理人としての心構え、若い人たちへの期待などをお聞きしました。とても心に残りました。
chitosekan-15chitosekan-16
学生を代表して、調理師科の堀さんがお礼の言葉を述べました。今回の山形市内研修は、料理人を目指す私たちにとって、ほんとうに勉強になりました。そして、このあと学校に戻り、会社説明会に参加しました。

4月10日(火)、遊学館ホールで平成30年度の入学式が行われました。
entrance-02entrance-01
調理師科、調理高度技術科の皆さんが緊張しながら入学許可を受けているところです。
entrance-03
新入生の代表が誓いの言葉を述べているところを新聞記者の方が写真撮影。
entrance-04entrance-05
来賓として、割烹調理師会の会長さんと、同窓会長さんから祝辞をいただきました。
入学式の後に、入学生の代表者が新聞社の取材を受けました。すご~く緊張しました!

3月9日、遊学館ホールで平成29年度の卒業式が行われました。卒業証書とともに、念願の調理師免許状を手にして、卒業生の皆さんは感激、大喜び!
graduation-01graduation-02
ホールを出るところで、カメラマンにつかまってしまい、「いや~!照れるなあ!」
graduation-03graduation-04
玄関のところで、女子の皆さんが記念撮影。ん? 若干名の男子も混じっているみたいですが!?
皆さん、笑顔、笑顔で、だれも気にしていないみたいですね!
graduation-05
とにかく、卒業おめでとう! 活躍を祈ります。

10月11日(水)、学校の近くにある馬見ヶ崎川の河原で、芋煮会を行いました。
imonikai-01
各班に食材や道具が配布されます。伊藤伸也先生は、薪を割るのも上手です!
imonikai-03imonikai-02
美味しい芋煮を作るコツを日本料理の会田勝弘先生にきいて、なーるほど!
imonikai-04
火の番も大事な役割です。
imonikai-05imonikai-06
肉もたっぷりと使います。スゴイ!
imonikai-07
早くできないかな~。まだかな~。
imonikai-09imonikai-08
できました! うん、うまい!
imonikai-10imonikai-11
残り火も使って、何か焼いていますね。締めはうどんでしょうか。
imonikai-12imonikai-13
残りはきれいに持ち帰り、後片付けもしっかりとやります。馬見ヶ崎川は、今日も清流が保たれています。
imonikai-14imonikai-15
楽しかった~! 明日から、また授業と実習を頑張ろう!
 

5月31日、1年生は「山形市内研修」として、旧山形県庁「文翔館」を見学し、復元工事に携わった職人の心意気を感じるとともに、老舗料亭「四山楼」で昼食をとり、帰校してからは2年生とともに会社説明会に参加しました。

学校に集合し、簡単な説明を聞いた後、まずは文翔館の見学から。旧三重県庁とともに、日本でも有数の国指定重要文化財である文翔館。大正2年に建てられた山形県庁がなぜ英国調の様式になったのか、実際にその場で校長先生の説明を聞いて、な~るほど!
city-tour-02city-tour-01
city-tour-03city-tour-04
映画のロケ地にもなった雰囲気のある建物を見学し、復元工事に携わった職人さんの立場から眺めたとき、そのすごさを感じました。

city-tour-05
私たちは湯殿山神社にも参拝し、就職祈願。ここは、信教の自由もありますので、参観は自由です。
このあと、老舗料亭「四山楼」に移動して昼食となりました。
city-tour-08city-tour-09
女将さんに、伊藤博文公の命名になるという「四山楼」の由来を説明いただき、また料理をいただく際の留意点などもアドバイスしていただきました。
city-tour-07city-tour-11
city-tour-13 city-tour-14

写真は料理の一部ですが、ほんとに美味しい! 矢口政広料理長からも、献立について説明していただきました。今回の献立は、こんなふうでした。
city-tour-15
接遇や建物、調度、お庭など、良い勉強になりました。

この後、学校に戻り、専門調理、集団調理それぞれの分野の会社説明会に参加しました。
company-04company-01
company-05company-03
company-02
担当の方からじかに説明を聞き、質問をして理解を深めました。
いろいろな面で、すごく勉強になったと感じる一日でした。

このページのトップヘ