山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: 作品コンクール

平成29年度の作品コンクールは順調に進行し、いよいよ審査が行われます。ホテルメトロポリタン山形の洋食料理長・青木克己シェフを特別審査員に、JA全農山形および羽陽学園からも審査員をお願いし、本校教員に保護者会役員の方々も加わって、試食および盛り付けや彩り等の審査を行いました。
concour-23concour-21
審査の結果、JA全農山形賞と、各クラスごとに優秀賞が選ばれたほか、努力賞やアイデア賞などの各賞が選ばれました。
【JA全農山形賞】調理高度技術科2年 4班(加藤・白井・川合・菅野) 
「庄内豚3種のワラ包み焼き、雪若丸のサラダ~ミネストローネ風ジュレを添えて、雪若丸の純白モンブラン」
concour-30
【調理高度技術科2年】
(1)優秀賞 1班(小笠原・星・森)
「豚肉ときのこの炊き込みご飯、前菜盛り合わせ、あさりの吸い物、秋の三点盛デザート」
concour-31
(2)アイデア賞 2班(青木・荒木・高橋・三浦)
「庄内豚のロースト~マデラのオレンジ風味ソース~旬の食材たちを添えて、雪若丸とキノコの冷製リゾット~カプチーノ仕立て、コメのクレームダンジュ~リンゴソース」
concour-32
【調理高度技術科1年】
(1)優秀賞 4班(浅岡・吉田・笹林・岸)
「豚肉肩ロースの燻製、サーモンのテリーヌ~バジルソースとマヨネーズソース添え、ウ・ア・ラ・ネージュ」
concour-33
(2)努力賞 2班(佐藤・佐々木・高橋・中村)
「豚ロースのロティ~無花果添え、前菜3点盛り(①季節野菜のラタトゥイユ②庄内豚のエリンギ巻き③ミニトマトの菊詰め)、雪若丸のムース」
concour-34
【調理師科】
(1)優秀賞 1班(神田・高橋・矢口・庄司)
「庄内豚フィレ肉のロースト~ポルトソースとポテトのピューレ、三つのアミューズ~パプリカソース添え、雪若丸とキノコのリゾット、雪若丸のムース~ベリーソースかけ」
concour-35
(2)アイデア賞 2班(高橋、青山、尾形、黒澤)
「庄内豚のロースト、雪若丸のライスコロッケ、ニンジンと雪若丸のポタージュ、ラ・フランスのコンポートゼリー」
concour-36
表彰式では、それぞれの賞をいただき、また皆から拍手をもらい、うれしくニコニコ笑顔です。
concour-24concour-25
concour-26concour-27
concour-28
最後に、青木シェフより講評をいただきました。
concour-29
よく研究され工夫されたコンクールで、レベルが高かった。それぞれ一人一人の努力が見えるようでした。今後は、例えば豚肉を焼くときには、中心温度を意識して中まで火が通り安全に食べていただけるように努力してほしいとのご指導がありました。食の安全のために、とても大事なことだと感じました。

concour-38
とても楽しく、有意義で、また勉強になった一日でした!

11月16日(木)、平成29年度の作品コンクールが行われました。「雪若丸」と「庄内豚」を使った料理、というテーマがタイムリーだったためでしょうか、今年はテレビカメラが三社も入って緊張の中に始まりました。
concour-01concour-02
concour-04concour-03
各班ごとに、工夫した献立で調理をしますが、きちんと栄養計算をして作っています。
concour-07concour-06
concour-08concour-09
テレビ局のクルーは、「わら」を使った調理を工夫した二年生の班に注目していました。他の班の工夫も、注目度アップです。
concour-05concour-11
だんだん出来上がりが近づくと、制限時間が気になります。デザートの工夫も、評価が気になります。
concour-10concour-12
さて、出来上がりの結果はどうなったでしょう? 近日公開、Coming soon !!

後期の授業と実習も、内容が充実してきています。
students

先月末に今年の作品コンクールのテーマが決まり、正式に発表されましたので、みんなでアイデアを出し合い、けんめいに考えています。一部では試作が始まっているところもあるようです。今年の作品コンクールのテーマは:

 「雪若丸」と庄内豚を使った料理

というものです。どんな作品が登場するか、今から楽しみです。まずは、私たちの班の献立を工夫しなければ!

平成28年度の作品コンクールは、「米粉とマッシュルームを用いた料理」をテーマに、行われました。その結果は、次のようになりました。

◎JA全農山形賞  調理高度技術科2年 1班(伊藤・東海林・仁藤)
  • 牛もものグリル ソース・シャンピニョン
  • マッシュルームのテリーヌ
  • 苺のミルフィーユ
2-2-01

■調理高度技術科2年

◎優秀賞 2班(酒井・志藤・渋谷・三澤)
  • 真鯛の赤ワインソース~オレンジの香り~
  • 米粉のグラタン~フリットと野菜のムースの盛り合わせ
  • 米粉のロールケーキとラ・フランスのタルト
2-2-02

◎努力賞 (鈴木・河野・青柳・須貝)
  • 鯛の米粉揚げ~秋の味覚と共に~
  • 前菜盛り合わせ~あさり潮仕立て
  • 茶碗蒸し
2-2-03

◎アイデア賞 (小野寺・真壁・永井・菅原)
  • きのことエビのアヒージョ
  • 生ハムサラダ
  • 抹茶のロールケーキ
  • クリームソース入りイケメンパン
2-2-04

■調理高度技術科1年

◎優秀賞 (加藤・寒河江・高橋)
  • ちぎりパン
  • きのこポタージュ
  • まるごとかぼちゃプリン
2-1-01

◎努力賞 (青木・鈴木・鈴木・星)
  • いがぐり風鶏肉、海老団子
  • 里芋の田楽 たたきごぼう 柿の白和え
  • 浮島
2-1-02

■調理師科

◎優秀賞 (高谷・大石・早坂・松田)
  • 豚ヒレのステーキ ~マッシュルームソースがけ~
  • ミネストローネ
  • かぼちゃの米粉ロールケーキ
 1-1-01

◎アイデア賞 (安部・樋渡・五十嵐)
  • グラタン
  • トマトとマッシュルームのスープ
  • シメジと青ネギのホット温玉サラダ
  • リンゴのシャーベット
1-1-02

特別審査員としておいでいただいたホテル王将グループの総料理長さんからは、料理が好きで、楽しそうに調理している様子と、作品のレベルの高さをおほめいただきました。鱗を立たせて魚を焼く技術など、立派なものだという言葉もいただきました。また、指示をする人の的確さや、手早く準備をしたり補助をしたりする人の役割など、チームワークの取れている班の結果が良かったとのことでした。


11月15日(火)、平成28年度の作品コンクールが行われました。今年のテーマは、「米粉とマッシュルームを用いた料理」ということで、前菜と主菜、デザートを作ります。3人~4人が一組となり、計17の班がテーマに挑みました。今回は、コンクールの様子を写真でお知らせします。
con-01con-02
審査員として、ホテル王将グループから高橋修総料理長(ホテル王将)、佐藤宏光総料理長(ホテルgreen green)、本田勝広料理長(ホテル王将) の三名を特別審査員にお迎えし、協賛いただいたJA全農山形から農業支援統括部の小池清之次長に、保護者会役員や羽陽学園本部職員も加わります。
con-03
各班とも真剣な表情で取り組んでいるところを、審査員の方々がじっと観察しています。
con-04con-05
油で揚げたり、
con-06con-07
季節感を出すために栗のイガを模したりして、
con-08
ふだんの学習と実習の成果を存分に発揮しています。
con-09
審査の表情も、なんだか楽しそうに見えます。
con-10con-12
con-14con-11
素材をどう生かすか、工夫のしどころです。
con-13-portraitcon-15
盛り付け方や彩り、飾りも大切な要素です。
con-16
今年は時間的に少し余裕がありましたので、みんなで味付けを見るのも楽しそうです。

さて、その結果は? 次回をお楽しみに~!


このページのトップヘ