山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: 見学来校

 夏休み前は、3つの中学校から訪問を受けました。
 9月11日(水)、飯豊中学校の3年生43名と引率の先生2名、計45名にお越しいただきましたた。本校の学生も合わせると約120名近くに上り、教室狭しと溢れんばかりのひと時でした。

0911156609111569  
 これまでの3校は、学校紹介を兼ねた進路講話を30分、実習見学20分、デザート試食10分の1時間コースでしたが、本日は来校時刻の関係から「実習見学(上は中国料理実習を見学する様子、下は日本料理実習を見学する様子)~進路講話~デザート試食」と進めました。
0911157509111572
 進路講話では、①人生で選択を迫られるのはいつ?②ライフワークとライスワークの違いは? に加えて、事前にいただいた質問6個にも応える形で25分があっという間に過ぎました。
 0911158409111587
 講話後、集団調理実習室にて、杏仁豆腐を振る舞いました。本来なら座って食べていただくところ、何しろ45名もひしめぎ合い、しかもカバンを持ったままなので、立っての試食になってしまいました。本当にごめんなさい。「美味しい」や「初めて食べた」といった様々な声が上がりました。洗い物は?と心配をしていただきましたが、「次の行程もあるでしょうから、そのままどうぞ」とバスへ移動してもらいました。器はご覧のように、日本料理実習を終えた調理師科の心優し男子学生に洗ってもらいましたので、どうかご心配なさらないように。


 5月23日(木)、鮭川中学校3年生3名と先生1名が、午後から学校見学に訪れました。
 午前中は、全員で東北芸術工科大学を訪ね、午後は希望進路によって班別行動とのこと。
3名の生徒さんは、いずれも「食」や「調理」に興味があり、高校卒業後の選択の一つに調理師専門学校を視野に入れているそうです。15歳の時点で、高校の先まで見通しているなんて、説明担当者の時代からは「隔世の感」がありありです。
鮭川1194鮭川1197  
 さて、用意したパソコンが立ち上がらないアクシデントに見舞われ、予定になかった「進路を決めるとは?」という話も熱心に聞いてくれる素晴らしい生徒さんに助けられながら、学校説明と校舎案内が終わり、いよいよ実習見学です。

 鮭川1200鮭川1236
 熱心にメモを取る学生の姿に、驚いた様子です。そして、ガス窯の大きさに二度目のびっくりです。
今度は、ホワイトボードに目が留まり、「何語で書かれているのですか?」、「手元が見える仕掛けなんですね?」と、興味津々、矢継ぎ早やの質問に応えるこちらがたじたじです。
鮭川1218鮭川1233
 最後は、葛粉から「葛餅」ができるまでを一部始終見学して、「黒蜜をたっぷりかけて召し上がれ」の一声で、美味しく頂戴したところで、本日の見学会終了の時間が来ました。
鮭川1255鮭川1260  この見学会が、進路学習の一助になったのであれば、幸いです。
 ご来校、ありがとうございました。
















11月30日、山形市立第七中学校の二年生12名が、進路学習「地元の上級学校訪問」で来校し、調理実習を体験しました。実習に効果的に参加するために、6名ずつ分かれて2クラスの実習に参加しました。公平のためにくじ引きで分かれた後、1班は調理師科の、2班は調理高度技術科の二年生の西洋料理実習に参加しました。
yamagata-7th-juniorhigh-02yamagata-7th-juniorhigh-01
みなさん、とてもきちんとしていて、下足の並べ方もほんとに立派です。

調理師科の西洋料理実習の内容は、「ビーフ・ストロガノフ」と「ムール貝のマリニエール風」です。
yamagata-7th-juniorhigh-05yamagata-7th-juniorhigh-06
ムール貝の下準備をしたり、タマネギを炒めたり、実習の班の中にまじって役割を果たします。
yamagata-7th-juniorhigh-07yamagata-7th-juniorhigh-08
こんな肉を扱うのも初めてですし、専門学校生の皆さんが、先生の説明を的確にノートにメモしているのにも驚かされました。
yamagata-7th-juniorhigh-09yamagata-7th-juniorhigh-10
「ビーフ・ストロガノフ」と「ムール貝のマリニエール風」ができあがり、さっそく試食しました。
yamagata-7th-juniorhigh-11yamagata-7th-juniorhigh-12
yamagata-7th-juniorhigh-13
と~っても美味しかった! 自分たちで作った料理とは信じられないくらい美味しい!

一方、調理高度技術科の2年生のクラスに入った6人は、「エビとマンゴーのフルーツ添え」「スペアリブのフルーツ添え」を作ります。
yamagata-7th-juniorhigh-03yamagata-7th-juniorhigh-04
大きな包丁(牛刀)や小さなペティナイフの切れ味に驚きながら、まず下ごしらえをします。
yamagata-7th-juniorhigh-23
生春巻きの盛り付けも、飾りの工夫でほんとにきれいになります。
yamagata-7th-juniorhigh-21yamagata-7th-juniorhigh-22
肉をオーブンで焼いて、取り出すと、いい匂いがします。
yamagata-7th-juniorhigh-26yamagata-7th-juniorhigh-25
「エビとマンゴーのフルーツ添え」「スペアリブのフルーツ添え」です。
yamagata-7th-juniorhigh-24
いただきま~す! とてもきれいで、食べるのがもったいないくらい……いえいえ、とても美味しく、しっかりといただきました!
 
この後、いろいろな質問に答えてもらい、調理師への道を知ることができました。地元の上級学校訪問に参加して良かったね~と話しながら帰りました。


10月4日(水)、県立南陽高等学校の2年生34名が来校し、調理師科(1年)の日本料理と調理高度技術科(1年)の中国料理の実習を見学しました。今回は人数が多いので、半分ずつに分かれて見学し、途中で交代することにしました。

この日のメニューは、調理師科の日本料理実習が「秋野菜と鶏肉の南蛮酢焼き」で、指導は会田勝弘先生です。
nanyou-04nanyou-02
作り方の説明を聞いた後に、それぞれ実習台に戻り、自分たちで作り始めました。
会田先生の顔をどこかで見たことがあると言っていたある高校生、「あっ、テレビの『ピヨ卵』に出ている先生だ!」と気づいたみたいです。

もう一つのグループは、調理高度技術科の中国料理実習を見学します。今回の献立は「鶏手羽先と栗の煮込み」と「魚の姿蒸し」で、指導は鈴木栄先生です。
nanyou-01nanyou-05
先生の見事な技と出来上がりに感嘆した後、さっそく自分たちも挑戦します。
nanyou-06nanyou-07
うまくできたかな?

高校生の皆さんも、先生の説明を聞きもらさないように集中している実習の真剣さに、感じるところがあったようです。柏倉先生が用意してくれた杏仁豆腐をみんなで分けて味見して、「美味しい!」「香りがいい!」と大喜びでした。高校を卒業したその先のイメージをうまく描くことができたら、何よりです。南陽高校の2年生の皆さん、高校生活を楽しく有意義に過ごせるように、頑張ってね!


夏休み前に見学・来校された中学生の皆さんから、お礼と感想のお手紙をいただきましたので、ご紹介します。今回は、7月8日(金)に来校された、尾花沢市立福原中学校の皆さん。調理師科(1年課程)のすし実習に加わり、西田哲也先生(辰寿し店主)の指導と学生の皆さんのアドバイスで、手巻き寿司に挑戦しました。
junior-high-21junior-high-22
「こうしてこうしてこうするんだよ」「なるほど~!こうなるのかぁ!」
junior-high-32junior-high-29
junior-high-31junior-high-26
わーい、できたよ! この嬉しそうな表情が、いいですね~。
junior-high-25junior-high-24
引率の先生に、写真を撮ってもらいました!
junior-high-27
できあがりを食べましたが、美味しかった~!
junior-high-28
学校の説明を聞いたり、質問に答えてもらったり、高校の先の上級学校について実感をもって勉強することができました。

          ○

帰校後にいただいたお礼と感想を、一部だけご紹介します。

 私は、この学校に入りたくて、そしてたくさんのことを学びたくて選びました。校舎の雰囲気がとても明るく、先生と生徒さんとの関係がとてもよくて、みんな笑顔だったことが印象に残っています。
 実習にまぜてもらった時、とても緊張してしまいました。ですが、同じ班だった方が、「緊張するよね。でも、大丈夫だよ!」と声をかけてくれて、無事に手巻き寿しを作ることができました。手巻き寿司を作り終わった後に、「どうして調理師を目指しているのか」を聞いてみました。そしたら、「作ることが楽しくて、食べてくれる人の笑顔が見たいから」と言っていて、偶然にも私と同じ理由だったので驚きました。やっぱり、楽しくなければ続かないと思います。
 今回の研修をきっかけに、さらに調理師を目指したくなりました。この貴重な経験を、これからの学校生活、そして進路選択に生かしていきたいと思います。(国分さん)

 私は、今回の進路学習で初めて、本格的な巻きずしを作りました。自分で想像していた以上に難しく苦戦しましたが、同じグループだった学生さんがやさしくわかりやすく教えてくださり、なんとか完成しました。実習の様子を見ていると、全員で教えあい、協力し合っている場面が多々あり、すごくいい所だと思いました。この貴重な経験をこれからの学校生活、そして進路選択に生かしていきたいと思います。(東海林さん)

皆さん、とても新鮮な気持ちで受け止めてくれたようで、うれしくなりました。これからの中学校生活に、役立ててもらえるといいなあと思います。お礼と感想を、ありがとうございました。

 

このページのトップヘ