山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: オープンキャンパス

 令和になってから3回目となるオープンキャンパスを、9月14日(土)に開催しました。
 7月=中国料理、8月=日本料理、9月=西洋料理と製菓 と3回全てに参加した方もいらっしゃいます。実習は、3名か4名で班を編成して、取り組んでもらいます。コミュニケーションが上手く取れるか毎回心配しますが、開始15分もすると分担が出来上がるようです。高校生の感性には、いつもながら感心させられます。
 今回は、「ティラミス」への挑戦からはじまりました。「生クリームを7分立てにする」、男子の多くは説明を聞いても(???)。そんな時は、先生にアドバイスを受けるだけではなく、調理高度技術科2年2名もお手伝いに加わっていますので、先輩方が優しく丁寧に手ほどきをしてくれます。
OP9141590OP1632
 ティラミスを冷やしている間に、メインイベントに入ります。
 今日は、鶏もも肉にチャレンジです。普段は、家庭で料理・調理に取り組んでいるのでしょうか?。恐る恐るもも肉に切れ目を入れている方もいます。やっている方も、見ている方も心配な場面です。
OP1626OP1641
 鶏肉は切れ目を入れた後、色づきしないように両面を焼いていきます。玉葱が炒め終わったら、一度フライパンから皿にあげていた鶏肉を戻し、白ワインを加えてひと煮立ち。さらに、生クリーム・ローリエ・ブイヨンを加えて煮る。最後に、塩・胡椒で味を調えて、Fricassee de poulet(鶏もも肉のフリカッセクリーム煮)の出来上がりです。
OP1647OP1653
 そして、冷えて固まったティラミスにココアパウダーを振り、人数分に分けます。OP9141620
 最後は、ピラフを皿に盛り付け、本日の料理が完成です。ご覧のように、ピラフは奇麗に盛り付けてありますが、量は決して多くはなかったようです。ですから、男子の中にはおかわりをしている方もいます。お陰様で、「天地(あめつち)の恵みと 多くの人々の働きに感謝して 命のもとを 謹んでいただきます。」の精神で、最後の米粒一粒まできれいにすることができました。




 

 9月14日(土)の第3回オープンキャンパスのメニューの一部を紹介します。
本日(9月9日)、調理高度技術科2年の西洋料理実習で調理したものと同じで「Fricassee de poulet(鶏もも肉のフリカッセ=クリーム煮)」にチャレンジすることになりました。
西洋1554西洋1563
 出来上がりは、このようになるでしょうか。
 当日は、あと2品(うち1品は製菓です)が加わりますが、それは参加した時の楽しみに伏せておきましょう。
 ところで、今日の実習の中には、他の班と異なる料理に挑戦している班がありました。
西洋1548西洋1560
 緊張した面立ちで調理にあたっていたのは、2ケ月に一度の「NOSAIやまがた」の取材を受けている面々です。11月号に掲載されるとのこと。どんな料理が掲載されるのか、こちらも楽しみは先に取っておくことになります。

 梅雨明けから一気に気温の高い日が続いた8月3日(土)。やはり朝から暑い一日でした。前回(7月13日)に引き続きの参加の方9名、そして新たに参加する方22名、合計31名での開催となりました。
 副校長から挨拶と就職(専門調理と集団調理)の考え方と県内・県外就職の割合、そして本校の特徴についての説明に引き続き、事務長から入試制度(AO入試と一般入試の違い)と社会人対象の教育訓練給付金について説明を致しました。そして、エプロンを着けて、いよいよ1階調理室に移動です。
OP1485OP1494
 31名が師範台の周りに集まって、調理法を見聞きするのはちょっと窮屈そうです。加えて保護者の位置からでは師範台の手元は見えませんので、今日は「モニター」越しに見てもらうことにしました。
OP1506OP1515
 今回は、厚焼き玉子・中太巻き・素麺の3品に挑戦しますので、本校日本料理担当教員の伊藤が進めていきます。伊藤先生の説明の後、各班4名で調理実習に取り組みます。今回は、第1回オープンキャンパスに参加した方が偏らないようにと編成しましたが、当日の参加表明などもあり、全員が初めて参加する班もできてしまいました。
OP1521OP1500

 ちょっと勇気を出して「手分けしてやろ~」と誰かが声を掛ける。「じゃあ、どうする?」と誰かが応えると分担が決まり始め、堰を切ったように流れ始めます。上手くコミュニケーションが取れ始めたようです。
OP1540OP1548

OP1560OP1545

 「厚焼き玉子」は、先生のように上手に返していくのが、見た感じよりも数段難しいようです。中には、こんがり小麦色になってしまった班もありました。一方の、「中太巻き」は先生の手元を注意深く観察していたはずですが、ご覧のように海苔の置き方が全く違う班が出てきます。さらには【太巻きが四角になるようにもう一度巻きます】とお話ししていましたが、このあたりの『手加減』は全くの未知の世界です。写真を披露するのは、本日は止めにすることにしました。
 さて、このオープンキャンパスは本校教員が補助に回って8班を隈なく手ほどきしていますが、今日は今年度調理高度技術科入学の学生2名も、先生たちと一緒になって指導役をしてくれました。人に教える機会を通して、彼らのこれまでの学びを振り返る機会になったのであれば、素晴らしい体験をしたことになります。どうだったのでしょうか?
 
OP1551OP1563

 最後は、お決まりの楽しく食事です。
 上手・下手、早い・遅い、など成長への道筋・時間は千差万別です。いいんです。人それぞれです。そしてまた今日の体験を通して、食に関わる仕事に就くことを固めた人、興味が湧いてきた人、どうも違うようだと判断した人、様々な心模様が見えるアンケート集約結果でした。アンケートへの協力ありがとうございました。
 第3回オープンキャンパスは、9月14日実施です。本日の参加票の9/14オープンキャンパスを〇で囲んだ方は、再度の申し込みは不要です。この〇をもって、申し込み完了です。
 これからの参加をお考えの方は、山調HPからお申し込み下さい。
 西洋料理と製菓が次回の題材です。また、多くの皆さんのお越しをお待ちしています。





 

 7月31日(水)を第2回オープンキャンパス参加申し込み締め切り日に設定してあります。
 7月30日受付分(24名)までを、30日(火)昼に山形中央郵便局から、詳細について記載した葉書を投函しました。是非、ご覧下さい。
 当日は、4名編成のグループで調理実習を行いますが、第1回オープンキャンパスに参加した方だけが偏らないようにグループを構成しています。初めての方とも、コミュニケーションを取りながら、進めて下さい。
 なお、実習に十分な時間を掛けることができるよう、前段の説明を短かくするため10時の開始前まで「スライド」にて、学校概要の説明を行っています。受付後は、3階学生ホールにて、スライドショーをご覧下さい。

 7月13日(土)、令和の年号になって初めてのオープンキャンパスを開催しました。
OP1479OP1482
 10時からの開会を待つ間、学校紹介のスライドを見てもらって、調理師専門学校の2つの学科の違いを理解してもらうようにしました。副校長の学校紹介を含めた挨拶と、事務長からの入試制度の説明で、全体会が終わります。
OP1485OP1521
 3階でエプロンを着けて、頭にも頭髪が落ちたりしないよう帽子を付けて、1階の実習室に移動です。指導は、本校専任教員である柏倉が担当し、他に専門調理師・調理師の資格を持っている専任教員が補助に回ります。加えて、4月に入学した学生2名も補助のお手伝いをしてくれました。
 先生が説明しながら、調理を進めていきます。エビ・カニのアレルギーがある方のためには、右のように「チャーシューだけでもいいよ」との細やかなアドバイスがありました。
OP1488OP1491
 時間の制約もありますから、食材は事前に刻んで、包丁を使わないで進めるようにしてあります。
OP1524OP1494
 いかがでしょうか。お揃いのエプロンですが、通う学校も、年齢も全く異なるメンバーが、初めての共同調理に取り組んでいます。社会人の方も、高校生(2年生を含む)も一緒になって、中国料理(炒飯・海老の甘辛ソースかけ・杏仁豆腐)の3品に挑戦しました。保護者の方も、興味津々で見守ります。
 初めて海老の背ワタを取ることになりました。全員で取り組んだら、杏仁豆腐の準備ができません。誰かが「手分けしてやろう」と一声を掛けると、すんなりと分担が決まっていくあたりは、同じ志を持つからでしょう、初めてという羞恥心がす~っと溶けていくように見えます。
OP1536OP1554
 いよいよ、炒飯を炒めます。「火力の強い中華用のガスレンジは、家庭のガスの20倍位の火力があります」と、先生の調理説明にあったような。羞恥心がなくなって「ホッと」したのに、今度は恐怖心との闘いでもあります。わずか3時間程度の中に、多くの経験を積んだようにも見えます。
 右の写真は、生徒が実食している間、「施設によっては、ガス調理器具のところと電磁調理器やオーブンでの調理になる場合もあり、どちらの器具でも使えるよう実習を重ねている」と、保護者の方々に集団調理用の実習室を紹介しているところです。
 2回目は、8月3日(土)の開催です。日本料理で、メニューは何でしょうか。申し込みのあった方に、追ってハガキでお知らせします。もうしばらく、お待ちください。


このページのトップヘ