山調ブログ

山形調理師専門学校です。プロフェッショナルな調理師を目指す学生の皆さんの実習風景や学生生活のようすなどを中心に、ブログを綴ります。

カテゴリ: 学生生活

5月31日、1年生は「山形市内研修」として、旧山形県庁「文翔館」を見学し、復元工事に携わった職人の心意気を感じるとともに、老舗料亭「四山楼」で昼食をとり、帰校してからは2年生とともに会社説明会に参加しました。

学校に集合し、簡単な説明を聞いた後、まずは文翔館の見学から。旧三重県庁とともに、日本でも有数の国指定重要文化財である文翔館。大正2年に建てられた山形県庁がなぜ英国調の様式になったのか、実際にその場で校長先生の説明を聞いて、な~るほど!
city-tour-02city-tour-01
city-tour-03city-tour-04
映画のロケ地にもなった雰囲気のある建物を見学し、復元工事に携わった職人さんの立場から眺めたとき、そのすごさを感じました。

city-tour-05
私たちは湯殿山神社にも参拝し、就職祈願。ここは、信教の自由もありますので、参観は自由です。
このあと、老舗料亭「四山楼」に移動して昼食となりました。
city-tour-08city-tour-09
女将さんに、伊藤博文公の命名になるという「四山楼」の由来を説明いただき、また料理をいただく際の留意点などもアドバイスしていただきました。
city-tour-07city-tour-11
city-tour-13 city-tour-14

写真は料理の一部ですが、ほんとに美味しい! 矢口政広料理長からも、献立について説明していただきました。今回の献立は、こんなふうでした。
city-tour-15
接遇や建物、調度、お庭など、良い勉強になりました。

この後、学校に戻り、専門調理、集団調理それぞれの分野の会社説明会に参加しました。
company-04company-01
company-05company-03
company-02
担当の方からじかに説明を聞き、質問をして理解を深めました。
いろいろな面で、すごく勉強になったと感じる一日でした。

5月1日、新入生歓迎のボウリング大会が開かれました。始球式は、2年課程の2年生、A君がつとめました。カッコいいなあ!
bowling-02
順番を待つ間は、ドリンクサービスを利用したり、コースをじっと見守ったり、思い思いに過ごします。
bowling-03bowling-01
熱戦の結果は、1年生のY君が2ゲームで300点台を出して優勝しました。
bowling-04
私たちもがんばったのよ! とにっこり記念撮影です。
bowling-05
連休が終わると、また実習が始まります。楽しみです。

ほんとうの基礎から、実習が進んでいます。包丁の研ぎ方を習った後に、野菜等のいろいろな切り方を習いました。そして、実際に調理が始まっています。座学の前の休憩時間は10分間ですが、実習の前は着替えの時間も含んで15分となっていますので、早めに着替えて実習室に向かい、白板に書かれている献立名と材料等を実習ノートに書いていきます。
notebook-02notebook-03
特に、西洋料理ではフランス語で書かれますので、読み方も覚えられるようにメモしておきます。
作り方は、先生がお手本を示しながら説明してくれますが、よく観察しながら合間に要点をさっとメモしていきます。
notebook-01
盛り付けの工夫もだいじですので、できあがりを写真に撮り、印刷してノートに貼っている人もいます。毎年、それぞれの工夫が興味深く、みんな実習ノートを大事にしているのがよくわかります。ほんとうに、実習ノートは宝物です。

今週は、後期試験が行われています。学科は教室で問題用紙に向かい、答えを書きますが、実技は調理実習室で個別に試験を行います。例えば西洋料理では、課題となる料理を示され、制限時間内に作ります。
test-01test-04
これまで練習してきた成果を発揮して、皆さん順調にすすんでいるようです。
test-02test-05
時間を有効に使うように、片付けや洗い物をしながら、並行して作業を進めていきます。
test-03
試験の時間は、実習室内にピーンと緊張感がみなぎります。皆さん、がんばってくださ~い!

山形調理師専門学校に関心をお持ちの社会人の方から、ご質問をいただくことがあります。参考までに、Q&Aの形でまとめてみました。

Q:高校卒業してすぐではなく、社会人を経験してから入学する人はどれくらいいますか?
A:社会人の方が、資格取得を目標に入学するケースは、毎年あります。調理師科(1年課程)がほとんどです。
 卒業と同時に調理師資格を得て、それぞれ就職や自営などをされています。
※資料
 次のグラフのように、一番多いのは高校を卒業して本校に入学するケースですが、他の大学や短大、専門学校を卒業または中退して、調理師を目指して本校に入学する方や、いったん社会人を経験し、資格取得や家業を継ぐ、あるいは自営を目指して入学される方も少なくありません。
H24-28入学者世代別
次のグラフは、平成24年度~平成28年度の入学者のうち、高校新卒を除いた世代別内訳です。このように、10代から30代の方が多く、60代の方も入学し、学ばれています。学科は、調理師科(1年課程)が中心です。
H24-28社会人入学者数
Q:社会人をしながら学校に通うことはできますか。
A:本校は調理師養成施設として国家試験免除の対象になっていますので、朝9時から夕方は16時までの授業と実習が組まれています。日中にお仕事をしながら同時に学生生活をおくることは困難かと思います。

Q:社会人入学を希望する人向けの制度はありますか。
A:社会人経験のある方には、「キャリア入学」の制度があります。詳しくは、本校へお問合せください。
 また、雇用保険を2年以上かけていた方は、調理師科(1年課程)が厚生労働大臣指定の専門実践教育訓練給付制度の対象となっていますので、給付を受けながら通学することが可能となります。この制度について、詳しくはハローワークにお尋ねください。

なお、資料請求につきましては、お名前、住所、電話番号 をお知らせください。資料一式をお送りいたします。
本校ホームページの「お問い合わせ」ページから、メールでの問い合わせもできます。

このページのトップヘ